経験者はフリーランスも検討しよう!

経験者はフリーランスも検討しよう!

今現在ITエンジニアとして仕事をしていて、Scalaについての知識や技術を使うことができる状況であれば、さらに好条件の仕事への転職を考える時があるかもしれません。しかし、Scalaエンジニアが不足している今の市場の状況と将来の可能性を考えると、フリーランスになることも検討の余地があるかもしれません。Scalaの案件は単価が高い傾向があり、専門のエージェントを活用すれば営業が苦手な人でもフリーランスの仕事をすることができます。

経験者はフリーランスも検討しよう!の記事一覧

  • 人材不足でさらに高単価!

    人材不足でさらに高単価!

    フリーランスのITエンジニアの報酬単価の相場は、扱うプログラミング言語によって差があります。中でも近年急速に人気が高まってきているScalaの場合、この言語を扱うことができる人材がまだ少ないこともあって、フリーランスに提示される案件単価は60万円から100万円という高水準です。そのため、既にScalaエンジニアとしての経験があるエンジニアであれば、転職よりもフリーランスとして活動した方が収入を大幅に増やすことができるかもしれません。

  • フリーランス特化のエージェントが便利!

    フリーランス特化のエージェントが便利!

    Scalaエンジニアとしてのスキルと経験が既にある人ならば、業界内でのScalaのニーズの高まりと共に条件も良くなってきている現状を知って、ステップアップのチャンスを伺っているところかもしれません。そこで出てくる選択肢は転職かフリーランスになりますが、Scalaをもう扱うことができるまでになっているならば、転職ではなくフリーランスの道を選択するのもおすすめです。そして、多くの人が心配する案件探しは、専門のエージェントに任せれば安心です。

  • 案件単価を高めるために!

    案件単価を高めるために!

    フリーランスのエンジニア向けの案件数はたくさんありますが、単価はクライアントとの交渉によって決まるので、人によって同じ仕事でも単価が大きく異なる場合があります。クライアントとしてはできるだけ安くしてほしいと思い、エンジニアとしてはできるだけ高くと思うものですが、1度単価を下げてしまえばそれが基準になってしまい、よほどの付加価値でもない限りはそれ以上単価を上げることは難しくなってしまいます。

「Scala」を始める前に読んでおこう!

Javaと相性が抜群に良い!
Javaと相性が抜群に良い!

筆者が「Scala」をおすすめする理由!

扱える人が少ない「今」が狙い目!
扱える人が少ない「今」が狙い目!

転職を検討してみよう!

人材不足でさらに高単価!
人材不足でさらに高単価!

経験者はフリーランスも検討しよう!